司法府に関する評判というと

立法府、司法府、行政府というのが、それぞれ国権でいう立法権、司法権、行政権を行使するように定められているのが日本国憲法であり、それが現在の日本の国体を形づくっているということは、事実です。
そして、立法府、司法府、行政府は、それぞれ、三権分立ということが定められていて、それぞれ独立して権限をもっているということも定められているのです。
これは、いずれの部門が権力を集中してしまうと、国体がゆがめられてしまうという、歴史的な反省を踏まえてのことだそうです。
日本国に居住している以上、司法府の影響も少なからず受けることになるので、私はインターネット上において、司法府に関する評判というものを明確に理解しようと思い、検索してみました。
すると、確かに実際の運用上はさまざまに問題点があるものの、民主主義国家として日が浅い日本国にしては、徐々に司法府の評判は良くなりつつあるという好意的な意見が多く、評判は良いということが分かりました。
主権在民という国家理念を実現するように司法府が業務を行なうことを、期待しています。